ハナミョウガ

ショウガ科ハナミョウガ属。暖地の常緑の林内に生える多年草。
蘭を思わせるような花ですね。大きな葉がいかにも南国といった感じです。
冬になると赤い実を付けます。
また、種子には香りあり、胃薬や香辛料として使われるそうです。
自然を見ていくと、薬効のある植物や食べられる植物のなんと多いことか、改めて考えさせられます。

ハナミヨウガ2

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

初めてブログ見ました。ブログあったんですね。それも1年前からとあってびっくり。それも草、木、花の写真が沢山。こんなに沢山に種類の植物が見られるんですね。東京でも草花など結構見れるのですが、はなみょうが初めてみました。普通の白い花の茗荷は裏庭に咲きます。少し前に茗荷も採って食べました。
プロフィール

kazuyosan

Author:kazuyosan
児玉美術館自然公園へようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード